薄毛や抜け毛に効果があるのは、プロペシア

男性にとって、加齢とともに多くなる悩みと言えば、薄毛や抜け毛です。
40代にもなってくると、同世代の友人たちの中でも、毛髪の差が出てきてフサフサの頭髪の人や、ロマンスグレーになっている人もいれば頭頂部の毛髪が殆どなくなっている人や、薄毛を必死に隠そうとしている人まで本当に様々ですが、殆どの方はいつまでもフサフサの頭髪でいたいと思っています。
男性化粧品の中でも、種類や値段など豊富なのが頭髪関係の物と言うのも納得できます。
頭髪関係の商品の中でも、若いうちは気休め程度の物でも満足できると思いますが年を取ってくると、本格的な育毛剤を試してみたり、増毛やカツラなどを試す方も、いらっしゃると思います。
私も色々な方法で、薄毛対策を試したいと思いますがあれこれと思いつくままに試すのは、時間とお金の無駄だとも思うので効果を実感出来て、納得できる薄毛対策の方法をネットで調べていた所に抜け毛対策の王道とも言われている、プロペシアの存在にたどり着きました。
このプロペシアとは、内服するタイプの育毛剤です。
抜け毛対策として、シャンプーを変えてみたり、マッサージしたり暴飲暴食や喫煙など、生活習慣を変えたり、睡眠時間にも気を使いストレスを溜めないようにしても、効果を実感できないと余計にストレスになってしまい、悪循環に陥る事もあります。
しかし薄毛の根本的な原因は、遺伝と男性ホルモンと言っても過言ではないです。
つまりAGAと言われる、男性型脱毛症の最大の原因はこの2つなのです。
もっと詳しく調べた所では、そもそもの原因が5αリダクターゼという酵素にありこの酵素が男性ホルモンと結びついて、脱毛の指示を与えると言うのです。
最大の原因での対策が、マッサージや皮脂を取り除くシャンプーでは効果が期待できないと言うのも、納得出来ます。
また、男性ホルモンを減らせばいいのかと言うのも、稚拙な考えでむやみに男性ホルモンを減らすのは、無気力や筋力低下にも繋がります。
精力減退になってしまい、男性としての楽しみが減ってしまう事もあります。
では、男性ホルモン自体は減らさずに、5αリダクターゼという酵素に作用する物はと考えて、調べた結果がプロペシアなのです。
ここで、間違えてはいけないのが効果として男性型脱毛症(AGA)に効果があるのですが、他の原因の場合もあるので薄毛の原因をしっかりと把握しておくことが、とても重要です。
また、プロペシアは薄毛の進行を抑えてくれるのですが発毛には期待できないので、そういった所を勘違いしたままでは効果に対して疑問を持ってしまうので、間違いのない様にしておきたいです。
もし両親やそのまた両親に薄毛の人がいたら、遺伝的な物の可能性があるので試してみた方が良いですが、私の場合は親もお爺さんも薄毛なので完全に遺伝的要因だと思います。
そこで、私もプロペシアを試してみようと決心しました。
具体的には、ネットで個人輸入代行の通販のサイトがあるのでサイトを見てみると、値段もそんなに高価な物ではなく手軽に試せるので、さっそく注文してみます。
こういったものを取り扱うサイトは多いですがサイトの信頼性も、口コミサイトなどでしっかりと把握しておけば納得できる対策が出来ますね。