薄毛、悩んでないでプロペシア!

近年、薄毛に悩まされている男性がとても増えているようです。
もちろん、年を重ねていくごとに、抜け毛が多くなっていくことは、自然なことであり、一種の老化現象です。
しかし、最近は若くして毛髪の悩みを抱えている人が非常に多くなっているようです。
テレビのコマーシャルでもよく耳にする「AGA」という言葉をご存じでしょうか。

AGAとは、「男性型脱毛症」のことであり、いわゆる「若ハゲ」のことです。
最近は、この男性型脱毛症が非常に増えています。

私たちの髪の毛には、2年から6年ほどの成長期があります。
成長した毛髪は一か月に1センチほど伸びて、やがて抜けて退行していきます。
これをヘアサイクルと言います。
しかし、AGAにおける髪の毛の成長は非常に短く、十分に成長しないまま抜け落ちてしまうのです。
つまり、成長をとげていない産毛のような髪の毛が多くなってしまうのです。
髪の毛が太くしっかりと成長することなく、細く柔らかい髪の毛が増えてしまうので、薄毛に見えてしまうというわけです。
AGAにおける髪の毛の抜けたあとには、男性ホルモンであるテストステロンから生まれたジヒドロテストステロンが認められます。
これが髪の毛の成長を妨げる原因の物質だと考えられています。
非常に残念なことに、AGAは放っておくと、確実に進行していきます。
これは、働き盛りの男性にとって非常に悩ましいことだと思います。
毛髪の悩みというのは、メンタルにも影響してくるからです。
自信を持って人と話せない、トイレにいくたびに憂鬱になる、仕事に積極的になれないなど、生活に支障が出る場合もあります。
やる気と自信に満ち溢れた毎日を取り戻すためにも、薄毛の悩みは一刻も早く解消したいものですよね。
AGAの治療法はいくつか考えられます。
ひとつはカツラやウィッグをかぶることです。
手軽にイメージチェンジできますが、やはり不自然ですし、夏は蒸れたり、汗をかいたりと、不自由な面も多いです。
植毛という方法もありますが、とても高額ですよね。
そこでおすすめなのが、内科的な治療です。
つまり、服薬することで薄毛を改善していく方法です。
宣伝でもうたっているように、薄毛の治療には保険が適用できる場合があります。
専門のお医者さんに診てもらって、薬を処方してもらえれば、とても安く改善することができます。
一般的に、AGAの治療にはプロペシアという薬が処方されます。

プロペシアとは商品名であり、一般名はフィナステリドと言います。

プロペシアは、AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンの生成を抑制してくれます。
一日に一錠ずつ飲むことが一般的です。
インターネットでも購入できるようですが、医療機関で処方箋を書いてもらったほうが安心ではあります。
気になる効果ですが、約半年が目安だと思ってください。
焦らず気長に治療を続けていきましょう。
そして、再び自信を取り戻し、いきいきとした毎日を過ごせるようになるといいですね。