プロペシアとは、こういう成分効果があるんだ

プロペシアとは、男性型脱毛症の治療薬です。
フィナステリドという、抗アンドロゲン薬を、アメリカの会社が開発しました。
男性ホルモンのテストステロンを、DHTへ変化させる酸素を阻害することによって作用します。
低容量で全律線肥大症に使用され、前立腺がんには高容量でつかいます。
ドキザシンと組みあわせることにより、全律線肥大症の進行を遅くする効果がいるのです。
またAGA、男性型脱毛症といいますが、そのAGAの薬として使われています。

image3 商品名はそれぞれの国で違っていて、日本ではプロペシアのみが発売されているのです。
1991年に、フィナステリドの開発がスタートします。
翌年に治療薬としてプロスカーの名称で認可されます。
その後研究によって、男性型脱毛症においても毛の成長がわかりました。
こうして1997年にフィナステリドを、治療薬として認可されました。
2006年からは世界で承認されて、日本では臨床試験を終えて2005年に承認され、12月に発売がスタートしました。
DHTによっておきる、脱毛作用を抑えるものです。
発毛に作用するのではないのですが、多くの服用者で試験を行うとある程度は、発毛しんです。
髪の成長を妨げる物質DHT、その物質を抑える効果を発揮したので、アメリカ医薬品局が認め、男性型脱毛症に有効と認めました。
このプロペシアと、ミノキシジルだけだそうです。
他の脱毛症に全く効かないです。

服用方法は、1日1錠を服用します。
量は0,2mgもしくは1mgで、必要に応じて増減出来ますが、1mgが上限と決められています。
服用する時間は特にありません。
女性や未成年者は使用できません、成人の男性に限られます。
この薬に対して過敏症を起こしたひとは、飲むことをおやめください。
服用している最中は、献血はおやめください。
最低1カ月は期間をとりましょう。

副作用は低容量のためすくないです。
プロペシアを飲むことで、肝機能障害が起こると言われたが調べてみると、テストステロンを、減少する薬はなく肝機能障害をおこす副作用は、理論上起こりえないと発表しました。
価格ですが、医者に処方してもらう事が必要です。
ただ他の医療用医薬品とは違うので、健康保険で算定されません。
診療費、調剤料などは自己負担となります。
金額はそれぞれ異なります、1錠250円と目安で出てます、しかし薬剤費等の負担額を含め9500円~130000円のところが多いです。
都市圏では、安く処方してくれるクリニックが多いです。
髪が増えるというより、現状を維持することの方が期待できます。
抜け毛が少なくなることを防ぐので、太く長くなって目立たなくぬると言った方が正しいです。
効果がでてくるのは、6ヶ月と言われています。
効果が見られない場合は、医者に相談しましょう。
服用者を中止するかもしれませんが、医者の意見は安心できますので。
薬一つでもこんなに、いろんな仕組みがあるんですね。