プロペシアという薬について

あまり聞きなれない言葉、プロペシアとは、一般的にはフィナテリスドと呼ばれている薬の名前です。
何の薬かというと、男性型脱毛症に効果がある世界初の内服薬です。
この薬は、アメリカのメルク社という会社が開発した薬であり、世界60カ国以上で承認されています。

また、世界で初めて医師が処方する薬として知られています。
海外の薬があまり認められていない日本でもこの薬が認められており、2005年12月より発売されています。
脱毛症の薬といえば、一般的には塗り薬ですがこの薬は飲み薬であり一日一回の服用だけで良いという薬です。

いいことばかりではありません

かなり良さそうな薬ですが、プロペシアは薬価基準未収載薬なので健康保険の対象になりません。
対象でないと聞くと値段に対する不安がありますが、値段は自身がかかっている病院によって異なるそうです。
基本的に自由診療となるため、病院によって処方される薬の値段は若干異なり安くても7千円から、1万円の間だそうです。
病院からの処方が安心で一番いいのですが、インターネットの薬を扱うサイトでもこの薬は扱っておりネットの通信販売だと約5千円位から入手する事が可能です。
ネット通販だと安くて、簡単で便利ですが悪徳な業者もいるため、購入の際は注意が必要です。
プロペシアの薬の効果、作用としては、男性における男性型脱毛症のみに作用するものであり、他の円形脱毛症やストレスによるもの、抗がん剤による脱毛症には作用はしません。
また、男性型というだけあり女性にも効果がなく処方はできません。

服用中は献血もしてはなりません。
これは、妊婦や女性の体内に薬の成分が入るのを防ぐためです。
薬を飲んだからといって、すぐには効果が現れず少なくとも最低6ヶ月以上服用する事で効果が現れます。
プロペシアは、髪の毛を増やすための薬ではなくあくまでも症状を抑える薬であり、髪の毛を少しでも増やしたいと考えている方にはミノキシジルという塗り薬との併用が有効です。

薬には、どの薬でも必ずといっていいほど副作用がつき物です。
この薬の副作用には、重症な場合だと肝機能障害が、軽度なものだとリビドー減退、EDがでることが研究の結果でわかっています。
この薬を初めて試したい方、男性型脱毛症で悩んでいる方は、事前にこのような副作用が薬にあることを理解した上で服用する事が必要です。
また、薬を服用していて副作用が出てしまった場合に備えてあらかじめの対策しておく事も大切です。
男性機能に対する副作用なので、自分は大丈夫と軽視するは危険です。
ストレスの多い現代で、脱毛症に悩む男性にとってこのプロペシアという薬はとても魅力的な薬であり、悩みを解決してくれる素晴らしいものだと思います。
世界で承認され日本国内でも発売しているため、安心して使う事ができるので効果抜群の薬ではないかといえます。
この薬によって、世界中たくさんの脱毛症に悩む人々の救いや支えになればいいなと思います。

DHTの生成を阻害して男性型脱毛症を改善するプロペシア

男性型脱毛症、いわゆるAGAの原因はジヒドロテストステロンという物質です。
このジヒドロテスステロン(DHT)は、男性の胎児において生殖器が正常に発達するために不可欠ですが、思春期を過ぎるとニキビや前立腺の肥大、そしてAGAの原因となります。
DHTは男性ホルモンが変換されて体内で生成されますが、DHTが作られる時には5α還元酵素という酵素が作用しています。
DHTは毛乳頭細胞の男性ホルモンの受容体に結合する性質がありますが、こうなると毛髪の成長サイクルが退行期または休止期に入るべく脳から信号が出され、その結果胃毛髪が多くなったり抜け毛が増えて、男性型脱毛症を起こしてしまいます。
プロペシアはこの男性型脱毛症を治療する医薬品です。
男性型脱毛症はDHTが生成されることで発症しますが、DHTが生成される過程で重要な役割を果たしている5α還元酵素の作用を妨げることによりDHTの生成を阻害するのがプロペシアの効能です。
プロペシアを開発したのはアメリカの製薬メーカー・メルク社で、薬の一般名はフィナステリドです。
AGAの治療薬として承認された医薬品としては世界第一号で、現在では世界中の60を超える国で承認され毎日一回内服のAGA治療薬として使われています。
日本国内では旧の万有製薬、現在はMSD株式会社が2001年より臨床試験をはじめ2003年に厚生省の承認を得て2005年からは国内製造および発売を開始しており、主成分の含有量によって「0.2ミリグラム」と「1.0ミリグラム」の2種類がある錠剤です。
プロペシアの有効成分は薬の一般名と同じフィナステリドです。
フィナステリドは医薬品の分類上は5α還元酵素阻害薬というカテゴリーに分類され、前立腺肥大の治療薬などにも同じカテゴリーに属している市薬品があります。
フィナステリドは科学的に合成された医薬品ですが、元々はアメリカのテキサス州やメキシコに主に自生していた植物である「ノコギリヤシ」の成分を研究して開発されたものです。
プロペシアの臨床効果については日本国内で行われた試験のデータがあります。
それによると、フィナステリド1ミリグラムを1年間服用したグループでは改善効果または現状維持効果が確認できた症例は全体の98パーセント以上にのぼるという報告がされています。
ただし、医薬品である以上は、どんな薬にも使用にあたって注意しなければならない点があります。
まずこの薬は男性型脱毛症にのみ適用されるので、その他の脱毛症、たとえば円形脱毛症や抗がん剤の投与による脱毛への適用はありません。
また安全性と有効性の点から未成年者への処方はされていません。
また副作用としては、軽微なものとしては発疹や顔面の腫れ、重篤なものとしてはGOT値やGPT値が上昇する肝機能障害などが考えられます。
また前立腺検査や治療におけるデータにも影響することがありますので、服用にあたってはその旨を担当医師に告げることがこの薬の安全な使用のためには必須です。

飲む育毛剤プロペシア

最近話題の「プロペシア」女性にはあまりなじみのない言葉かもしれませんが、AGA(男性型脱毛症)治療に用いる飲む育毛剤のことです。
薄毛や、いわゆる若はげの対策として、カツラを着用したり、植毛があげられますが、人毛だと何十万、いや何百万と費用がかかるといわれています。
現実的にみて、断念せざるを得ないのが現状ですね。
多くの男性がなやんでいるAGAは、男性ホルモンによって毛髪が細く、柔らかくなり、だんだん少なくなっていく疾患のことです。
頭頂部から薄毛になっていくタイプや、額の生え際から進行するタイプ、また混合して薄毛になっていくタイプなどがあります。
早ければ、思春期から始まる人もいます。
もう少し詳しく説明すると、男性ホルモンであるテストステロンが酵素によって変化し、ジヒドロテストステロンとなります。
このジヒドロテストステロンがくせもので、毛根部の毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体に結合し、脱毛シグナルを発することで髪の成長期を終了させてしまうのです。
こうなると髪の毛が十分に育たないばかりか、脱毛が始まってしまいます。
AGA治療薬としては、多くの国で「プロスカー」、「プロペシア」の商品名で発売されています。
日本では一年間の臨床試験ののち、2005年10月厚生労働省に認定されました。
その年の12月には万有製薬(現MSD)からプロペシアが発売されたのです。
一般名はフィナステリドと呼ばれています。
フィナステリドは先程の酵素の働きを抑制し、抜け毛を防ぎます。
臨床試験によれば、生え際と頭頂部の両方に効果がありますが、より効果が高いのは頭頂部だということです。
ただし、服用は男性に限られます。
米国FDA(アメリカ食品医薬品局)によると、子供を身ごもった女性が使用した場合、男の胎児の生殖器になんらかの異常が起こる危険性があると報告されているためです。
フィナステリドはもともと前立腺肥大の治療薬としてプロスカーの商品名で認可されていました。
その後、男性型脱毛症の人の頭皮に、髪の毛が成長している事が明らかにされました。
プロペシアは飲み薬ですが、食事の時間や食品に関係なく服用することができます。
適応については、AGA以外の脱毛症、たとえば円形脱毛症や女性の薄毛には効果がありません。
実際、髪の毛が増えるという効果もあるようですが、現状を維持することに大いに期待ができます。
髪が細く短くなったり、抜け毛が少なくなって結果的に目立たなくなるというわけです。
そして注意したいのが、正しい服用を心がけることです。
プロペシアの効果が確認できるまでの目安は、6か月となります。
早く効果を期待するあまり、錠剤を増やしても何の意味もありません。
人によって薬が効く感度が違うため、ここはじっくりと腰を据えておきたいもの。
ただし、6か月以上服用しても、あまり効果が得られない場合は医師の判断で、服用を中止することもあります。
不安を解消するためにも、医師と相談しながら、前向きに治療することが大事です。

男性の髪はプロペシアで守る

髪の毛は、女性にとって宝物とされる程大切なものです。
髪型が変わるだけで随分見た目の印象は変わりますし、女性の美しいロングヘアに思わず見とれてしまう男性も多いでしょう。
では、男性にとっては髪は宝ではないのでしょうか。
そんな事はありませんね。
やはり男性もルックスは気にしますし、髪型で大きく印象は変わります。
そんな男性にとって、薄毛は大きな悩みです。
髪型以上に毛髪の量による見た目の違いは大きいもので、年齢すら違って見える程です。
現在薄毛に悩む男性は非常に多く、日本では成人男性の3人に1人は薄毛に悩んでいるとすら言われています。
薄毛に悩む方がいる一方で、全く薄毛にならない方もいます。
薄毛の発症には遺伝という問題もありますが、じつは体内の男性ホルモンが大きな影響を与えているという事が近年の研究でわかって来ています。
現在、薄毛はAGA(男性型脱毛症)という呼び名で、治療の対象となっているのです。
AGAという言葉はテレビコマーシャルなどでも聞く様になっているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
薄毛が遺伝のみに寄るものなら、自分の家系や肉体に対して恨めしい気持ちを持ってしまうかもしれません。
ですが、誰しもが持つ男性ホルモンの変異にその要因があるのなら、自分を責める必要はありませんし、解決方を見いだす事も可能です。
男性型脱毛症の原因となっているのは、男性ホルモンであるテストステロンの変異であるとされています。
テストステロンは元々男性には欠かせないホルモンです。
第二次性徴に見られる男性らしい体の発達や、性欲の高まりが起るのは、このテストステロンの働きです。
テストステロンが正常に分泌されない事によって、第二次性徴がおきないという症状も存在する程に重要なホルモンなのです。
しかし、このテストステロンが2型5αリダクターゼの還元作用を受け、ジヒドロテストステロンに変化すると、薄毛の原因になるという事が発表されています。
この2型5αリダクターゼの働きを阻害する薬品としてフィナステリドが開発されており、AGA治療に役立てられています。
つまり、発毛を押さえてしまうジヒドロテストステロンを発生させない事により、薄毛の解消が実現できるのです。
フィナステリドを主成分とした医薬品の代表に、プロペシアがあります。
プロペシアの他にもフィナステリドを主成分としたAGA治療薬は存在しますが、特に日本国内で万有製薬が正式に輸入している事から、プロペシアの安全性は高いものだと言えます。
FDA(アメリカ食品医薬品局)の厳しい審査も通過していますので、国際的に認められた安全性を持っていると言えます。
せっかく薄毛が治っても体に悪影響があっては元も子もありません。
安全に使えて、医師の処方も受けられるというのはありがたい事ですね。
プロペシアは医師の処方以外にも個人輸入で入手する事が出来ます。
この様に薄毛は医薬品で解消出来る時代になって来ています。
男性にとっても宝である髪は、自分の力で守っていく事が出来るのです。

プロペシアとは、こういう成分効果があるんだ

プロペシアとは、男性型脱毛症の治療薬です。
フィナステリドという、抗アンドロゲン薬を、アメリカの会社が開発しました。
男性ホルモンのテストステロンを、DHTへ変化させる酸素を阻害することによって作用します。
低容量で全律線肥大症に使用され、前立腺がんには高容量でつかいます。
ドキザシンと組みあわせることにより、全律線肥大症の進行を遅くする効果がいるのです。
またAGA、男性型脱毛症といいますが、そのAGAの薬として使われています。

image3 商品名はそれぞれの国で違っていて、日本ではプロペシアのみが発売されているのです。
1991年に、フィナステリドの開発がスタートします。
翌年に治療薬としてプロスカーの名称で認可されます。
その後研究によって、男性型脱毛症においても毛の成長がわかりました。
こうして1997年にフィナステリドを、治療薬として認可されました。
2006年からは世界で承認されて、日本では臨床試験を終えて2005年に承認され、12月に発売がスタートしました。
DHTによっておきる、脱毛作用を抑えるものです。
発毛に作用するのではないのですが、多くの服用者で試験を行うとある程度は、発毛しんです。
髪の成長を妨げる物質DHT、その物質を抑える効果を発揮したので、アメリカ医薬品局が認め、男性型脱毛症に有効と認めました。
このプロペシアと、ミノキシジルだけだそうです。
他の脱毛症に全く効かないです。

服用方法は、1日1錠を服用します。
量は0,2mgもしくは1mgで、必要に応じて増減出来ますが、1mgが上限と決められています。
服用する時間は特にありません。
女性や未成年者は使用できません、成人の男性に限られます。
この薬に対して過敏症を起こしたひとは、飲むことをおやめください。
服用している最中は、献血はおやめください。
最低1カ月は期間をとりましょう。

副作用は低容量のためすくないです。
プロペシアを飲むことで、肝機能障害が起こると言われたが調べてみると、テストステロンを、減少する薬はなく肝機能障害をおこす副作用は、理論上起こりえないと発表しました。
価格ですが、医者に処方してもらう事が必要です。
ただ他の医療用医薬品とは違うので、健康保険で算定されません。
診療費、調剤料などは自己負担となります。
金額はそれぞれ異なります、1錠250円と目安で出てます、しかし薬剤費等の負担額を含め9500円~130000円のところが多いです。
都市圏では、安く処方してくれるクリニックが多いです。
髪が増えるというより、現状を維持することの方が期待できます。
抜け毛が少なくなることを防ぐので、太く長くなって目立たなくぬると言った方が正しいです。
効果がでてくるのは、6ヶ月と言われています。
効果が見られない場合は、医者に相談しましょう。
服用者を中止するかもしれませんが、医者の意見は安心できますので。
薬一つでもこんなに、いろんな仕組みがあるんですね。

プロペシアで薄毛解消

特に男性の場合は、ある程度の年齢になってくると薄毛になってしまう事があります。
女性も薄くはなるのですが、男性の場合はまとまって髪の毛が減ってしまうので、より目立ってしまうのです。
そういう男性に多く見られる薄毛を男性型脱毛症(AGA)と呼びます。
ただ、薄くなった髪の毛はもうあきらめるしかないと言ったらそうではありません。
現在ではそれを治療する薬も開発されています。
その薬の製品名がプロペシアです。
男性型の脱毛症は、男性ホルモンが影響して起きてしまいます。
本来はしっかりと成長するはずの髪の毛が、そのホルモンの影響でなかなか育たなかったり、抜け落ちてしまうようになるのです。
プロペシアはそんな男性ホルモンの生成を抑えてくれる効果が期待できる製品で、それを服用する事によって髪の毛がなかなか育たないとか、抜け落ちてしまうというのを防ぐ効果が期待されています。
今までの薄毛対策としては、育毛剤等を利用する事が一般的でした。
ただこれは体の外側から働きかけるタイプだったのですが、プロペシアは違います。
飲み薬なので、体の内側からその薄毛を改善する事が出来るのです。
とはいえ、飲めば飲む程効果が発揮される薬ではないので注意しましょう。
基本的には1日に1錠、好きな時間に飲むようにします。
しかし飲み忘れてしまう事は良くなく、毎日服用するのが基本となっているので、出来れば忘れないようにするためにも自分で飲む時間を決める様にしましょう。
また1錠飲めば良い薬なのですが、なかなか効果が出てこないという時は、少しずつ増量する事も可能です。
といっても、どこまででも飲む事が出来るわけではなく、自分で勝手に判断して増やす事は出来ません。
安全に利用する為にも医師に相談して判断を仰ぐのが重要です。
またどうしても人は薬に対して即効性を期待してしまう所がありますが、プロペシアに関して言えばそれは期待しないようにしましょう。
少しずつ体の中から変えて行く事になるので、1回2回飲んだとしても目に見えるような変化はまずありません。
大体6か月程度服用していくと、次第に抜け毛が減って行き、髪が太くなってきたような感じがするようになります。
ただ、6か月以上飲んだとしても、中には全く効果を感じられないという人もいる物です。
あくまでもその効果には個人差がある為、誰にでも同じ様な感じになるとは限りません。
もしなかなか効果が出てこないと感じた時は、まず医師に相談する様にしましょう。
そしてその時点で服用を続けるか、また辞めるかを決めます。
プロペシアが他の薬と大きく違うのは、併用禁忌薬が基本的にないという事です。
その為、半年間という長期にわたって毎日服用する必要がありますが、その間に体調を崩したとしてもそれほど心配する必要は有りません。
ただあくまでも男性ホルモンに関係する薬なので、妊娠しているのが分かっている人は胎児への影響もある為触らないようにしましょう。
また妊娠の疑いがある人も触らない方が良いので、この薬を飲む時は服用する本人だけが触るようにすると安全です。

薄毛、悩んでないでプロペシア!

近年、薄毛に悩まされている男性がとても増えているようです。
もちろん、年を重ねていくごとに、抜け毛が多くなっていくことは、自然なことであり、一種の老化現象です。
しかし、最近は若くして毛髪の悩みを抱えている人が非常に多くなっているようです。
テレビのコマーシャルでもよく耳にする「AGA」という言葉をご存じでしょうか。

AGAとは、「男性型脱毛症」のことであり、いわゆる「若ハゲ」のことです。
最近は、この男性型脱毛症が非常に増えています。

私たちの髪の毛には、2年から6年ほどの成長期があります。
成長した毛髪は一か月に1センチほど伸びて、やがて抜けて退行していきます。
これをヘアサイクルと言います。
しかし、AGAにおける髪の毛の成長は非常に短く、十分に成長しないまま抜け落ちてしまうのです。
つまり、成長をとげていない産毛のような髪の毛が多くなってしまうのです。
髪の毛が太くしっかりと成長することなく、細く柔らかい髪の毛が増えてしまうので、薄毛に見えてしまうというわけです。
AGAにおける髪の毛の抜けたあとには、男性ホルモンであるテストステロンから生まれたジヒドロテストステロンが認められます。
これが髪の毛の成長を妨げる原因の物質だと考えられています。
非常に残念なことに、AGAは放っておくと、確実に進行していきます。
これは、働き盛りの男性にとって非常に悩ましいことだと思います。
毛髪の悩みというのは、メンタルにも影響してくるからです。
自信を持って人と話せない、トイレにいくたびに憂鬱になる、仕事に積極的になれないなど、生活に支障が出る場合もあります。
やる気と自信に満ち溢れた毎日を取り戻すためにも、薄毛の悩みは一刻も早く解消したいものですよね。
AGAの治療法はいくつか考えられます。
ひとつはカツラやウィッグをかぶることです。
手軽にイメージチェンジできますが、やはり不自然ですし、夏は蒸れたり、汗をかいたりと、不自由な面も多いです。
植毛という方法もありますが、とても高額ですよね。
そこでおすすめなのが、内科的な治療です。
つまり、服薬することで薄毛を改善していく方法です。
宣伝でもうたっているように、薄毛の治療には保険が適用できる場合があります。
専門のお医者さんに診てもらって、薬を処方してもらえれば、とても安く改善することができます。
一般的に、AGAの治療にはプロペシアという薬が処方されます。

プロペシアとは商品名であり、一般名はフィナステリドと言います。

プロペシアは、AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンの生成を抑制してくれます。
一日に一錠ずつ飲むことが一般的です。
インターネットでも購入できるようですが、医療機関で処方箋を書いてもらったほうが安心ではあります。
気になる効果ですが、約半年が目安だと思ってください。
焦らず気長に治療を続けていきましょう。
そして、再び自信を取り戻し、いきいきとした毎日を過ごせるようになるといいですね。

プロペシアで若々しいコシの有る髪を

男性の多くの人が一生に一度は悩む『薄毛』最近は飲むことによりその薄毛の進行を防いでくれるのです。
原因はAGA(男性型脱毛症)と言われており、ジヒドロテストステロンと言う物質が成長期の毛髪に対して休止、又は退化する状態に移行してしまい、その結果として毛髪が細くなったり、太くなる前にぬけてしまう毛髪が増えるのです。

プロペシアはそのジヒドロテストステロンをしっかりと抑制してくれる作用が有り、結果毛髪に張りとコシが出るようになるのです。
image4現在お医者さんに相談すれば処方してもらえるのですが、保険の適応外となっています。
処方としては簡単な診察後約15分前後で出してもらえるようです。
私の叔父も薄毛で悩んでいて、その深刻さはその人にしかわからないものだと感じていました。
叔父曰く特につらいのが銭湯に行った際で、髪を洗う事自体にすごく抵抗が有り、毎回の洗髪時には大量の髪の毛が抜け落ちる様でした。
他にも育毛剤や市販のドラッグストアで売られている育毛剤なども試しはしましたが、思っているような効果は得られず、結局一通り使っては見たけど殆ど効果が無かったようでした。
そんな時インターネットの広告でたまたま見たプロペシアを購入、早速使用してみたらその効果は育毛剤のときとはかなり違いました。
勿論、開始時は飲む薬と言う事で少しだけ不安もあったようですが、しっかりとお医者さんに相談した上での購入だったので、今ではすっかり愛用しています。
やはり少し気になりだしたときが肝心で、若し貴方が少しでも薄毛に対して気になり始めているのであれば、すぐにお医者さんに相談すべきです。
別に恥ずかしい事ではなく、しっかりと解決に向けて努力すべきなのです。
服用の注意点としては、この薬自体が男性に対しての物なので、基本女性には処方されないです。

他には未成年に対しての安全の検証がなされておらず、20歳未満の未成年は購入できません。
効果の現れは人により違うのですが、早い人で3ヶ月で効果が現れるようで、少なくとも6ヶ月は連続して服用しなければいけません。
若し途中でその服用をやめた場合は効果も其の途端になくなります。
その他、前立腺がんの検診を受ける際にもその旨をしっかりと事前のお医者さんに伝えておく必要があります。
検査時の数値に通常の場合と、服用している場合ではこの数値の測定値に変化がありますので。
服用時には献血も控える必要があるでしょう。

他にも様々な注意点があるのですが、詳しくは処方して頂くお医者さんに相談時にしっかりと確認しておきましょう。
髪は長い友とも言われ、其の時のごとく年をとっても自分のふさふさした髪を鏡で見るのは良いもんです。
しかし、しっかりと普段からのケアをしてあげないと毛髪はみるみる衰えて行きます。
そうならない為にもしっかりと日頃の食生活や生活習慣に気をつけることも大事ですし、普段から適度な運動や毛髪に良い習慣を身に付けることも大事です。

薄毛や抜け毛に効果があるのは、プロペシア

男性にとって、加齢とともに多くなる悩みと言えば、薄毛や抜け毛です。
40代にもなってくると、同世代の友人たちの中でも、毛髪の差が出てきてフサフサの頭髪の人や、ロマンスグレーになっている人もいれば頭頂部の毛髪が殆どなくなっている人や、薄毛を必死に隠そうとしている人まで本当に様々ですが、殆どの方はいつまでもフサフサの頭髪でいたいと思っています。
男性化粧品の中でも、種類や値段など豊富なのが頭髪関係の物と言うのも納得できます。
頭髪関係の商品の中でも、若いうちは気休め程度の物でも満足できると思いますが年を取ってくると、本格的な育毛剤を試してみたり、増毛やカツラなどを試す方も、いらっしゃると思います。
私も色々な方法で、薄毛対策を試したいと思いますがあれこれと思いつくままに試すのは、時間とお金の無駄だとも思うので効果を実感出来て、納得できる薄毛対策の方法をネットで調べていた所に抜け毛対策の王道とも言われている、プロペシアの存在にたどり着きました。
このプロペシアとは、内服するタイプの育毛剤です。
抜け毛対策として、シャンプーを変えてみたり、マッサージしたり暴飲暴食や喫煙など、生活習慣を変えたり、睡眠時間にも気を使いストレスを溜めないようにしても、効果を実感できないと余計にストレスになってしまい、悪循環に陥る事もあります。
しかし薄毛の根本的な原因は、遺伝と男性ホルモンと言っても過言ではないです。
つまりAGAと言われる、男性型脱毛症の最大の原因はこの2つなのです。
もっと詳しく調べた所では、そもそもの原因が5αリダクターゼという酵素にありこの酵素が男性ホルモンと結びついて、脱毛の指示を与えると言うのです。
最大の原因での対策が、マッサージや皮脂を取り除くシャンプーでは効果が期待できないと言うのも、納得出来ます。
また、男性ホルモンを減らせばいいのかと言うのも、稚拙な考えでむやみに男性ホルモンを減らすのは、無気力や筋力低下にも繋がります。
精力減退になってしまい、男性としての楽しみが減ってしまう事もあります。
では、男性ホルモン自体は減らさずに、5αリダクターゼという酵素に作用する物はと考えて、調べた結果がプロペシアなのです。
ここで、間違えてはいけないのが効果として男性型脱毛症(AGA)に効果があるのですが、他の原因の場合もあるので薄毛の原因をしっかりと把握しておくことが、とても重要です。
また、プロペシアは薄毛の進行を抑えてくれるのですが発毛には期待できないので、そういった所を勘違いしたままでは効果に対して疑問を持ってしまうので、間違いのない様にしておきたいです。
もし両親やそのまた両親に薄毛の人がいたら、遺伝的な物の可能性があるので試してみた方が良いですが、私の場合は親もお爺さんも薄毛なので完全に遺伝的要因だと思います。
そこで、私もプロペシアを試してみようと決心しました。
具体的には、ネットで個人輸入代行の通販のサイトがあるのでサイトを見てみると、値段もそんなに高価な物ではなく手軽に試せるので、さっそく注文してみます。
こういったものを取り扱うサイトは多いですがサイトの信頼性も、口コミサイトなどでしっかりと把握しておけば納得できる対策が出来ますね。